• トップ >
  • カラーセラピー – カラー:マルサラ -

カラーセラピー

恋の切り札・ワインカラーセラピー

マルサラ色は「ぬくもり」「自信」「強さ」

マルサラ酒は、イタリアのシチリアで作られる、白ワインに蒸留アルコールを添加し木樽で熟成させた酒精強化ワイン。その昔シチリアに流れ着いたイギリス商人がワインを見つけ、母国に持ち帰るのに航海に耐えるようアルコールを添加したのが始まり。
自然な力強さのある、大地を思わせる素朴で琥珀色がかったボルドーレッド。私たちの心と体を豊かにし、自信や強さをみなぎらせる色です。

豊かな食生活をもたらす色をキッチンアイテムに
すでにセレブはマルサラカラーのドレスを。小物でもOK

マルサラが一番好きなあなたは・・・

けっしてでしゃばることがなく、控えめ。だけど地に足のついた安心感のある頼りになる人。包み込むようなぬくもりをもたらしてくれるタイプです。

恋のパワーを高めるには?

安心感のある人も、時には気まぐれに行動してはどうでしょう?マルサラ酒はまだまだ知られていないので、これを機会に「一緒に飲もう!と誘う口実に。」チーズやスイーツとあわせて気軽に飲めるし、デザートワインとして甘口をグラスに一杯。ワインよりも持ちがいいので(3週間位)色々な場面で楽しんでみてください。

気まぐれな魅力をアップするワインはこの4本

Wine 1

マルサラ スペリオーレ・ガリバルディ・ドルチェ/バッリォ・バイアータ・アラーニャ社
(イタリア シチリア州)

Marsala Superiore Garibaldi Dolce DOP / Baglio Baiata Alagna

ワイナリー

酒精強化ワイン グリッロ、カタラット、インツォリア種
辛口 アルコール18.5%

バッリォ・バイアータ・アラーニャ社は家族経営の2代目中規模ワイナリー。発酵過程での近代化と熟成過程での伝統手法でマルサラの可能性を広げています。

味わい

アーモンドや焼き立てのクッキーやロースとアーモンドの香り、ややとろみがあり、キャラメル、ヌガーナッツ、ベッコウ飴、のような上品な甘さ。赤りんごのような角のない穏やかな酸がこの甘口のとろみの中に包まれ、食事中にも甘すぎません。ふくよかな果実味の重めの甘口。

Wine 2

マルサラ フィーネ アンブラ  ドルチェ/アンティキ バロナーティ社
(イタリア シチリア州)

Marsala Fine Ambra Sweet DOC / Antichi Baronati

ワイナリー

酒精強化ワイン グリッロ、インツォリア、カタラット種
甘口 アルコール17%

アンティキ・ バロナーティ社は、プレミアムワインを造るシチリアのリーディング・ワイナリーのひとつ として、イタリア国内ばかりではなく、国際的にも高い名声を獲得しています。アンブラとはアンバー【琥珀色】天然のブドウ果汁を1%まで加えて甘さを強めたもの。

味わい

紹興酒やドライオレンジ、甘草のような香り。舌の上に厚みを感じながら黒蜜キャンディのような厚みのある甘さが広がります。しっかりとした酸もあるのでだれずに引き締まり、ほんのりとしたコーヒーのような苦味がワイルドな印象を加えます。余韻は長くクルミのニュアンスを感じるワイルドスイート。

Wine 3

マルサラ スペリオーレ セッコ2010/フローリオ社(イタリア シチリア州)

Marsala Superiore Secco DOP / FLORIO

ワイナリー

酒精強化ワイン グリオッロ、カタラット種  辛口 アルコール18%

マルサラの発見者イギリス人貿易商ウッドハウスと手を組み、1833年に起業したフローリオ社。大々的な広告を打ち、イタリア国内外にマルサラを広めた元祖マルサラワイナリー。トップシェア。

味わい

ナッツや茶色い蜂蜜のアロマが広がり、味わいはアップルパイのようなニュアンスに始まり厚みのある太い酸味が口の中を突き抜け、心地よく口の中をすっきりさせます。余韻にクルミやローストアーモンドのような複雑さが長くつづきます。硬派な辛口

Wine 4

マルサラ スーペリオーレ セッコ/ペッレグリーノ社(イタリア シチリア州)

Marsala Superiore Secco DOP Pellegrino

ワイナリー

酒精強化ワイン グリッロ・カタラット種 辛口 アルコール18%
ペッレグリーノ社の広大な畑は点在し、それぞれ恵まれた様々な気象条件を持っています。ブドウは巨大なオープンエアの施設に運び込まれ、厳しい選別後、丹念に醸造。ワインも造り、マルサラは年間約200万本の大手。

味わい

ドライイチジクやなめし皮、レーズンバターのような香り。杏のようなねっとりした甘さもあるのに、酸がしっかりしていて、余韻は長めでクルミの殻やビターチョコのような乾いたほろ苦さが加わる。全体的にさらっとした、中身はしっとりとした辛口。ワイルドクラシック

味わいマップ
集合ワイン画像

Wine Joker

ページの先頭へ