• トップ >
  • ホームパーティーホームパーティー – ティファニーでブランチを -

ホームパーティ

ホームパーティーには、ワインが切り札!

ホームパーティの差し入れは、何がいい?どんな料理や飲み物でおもてなそうかしら?
ホームパーティは招く側も、招かれる側もセンスの見せどころ。
そんな時にはワインを強い味方にして!星の数ほどあるワイン。だからこそ、その1本を選んだ貴方のセンスや想いをワインが代わりに伝えてくれます。

ホームパーティにはテーマを

‘ティファニーでブランチを’

季節や、目的、場所、集まる人などにあわせて、パーティに1つテーマをつけましょう。気軽に一体感が生まれ印象が深まり、差し入れのヒントにもなります。 今回は9月。
夏の終わりの週末の朝食とランチの間(11時すぎあたり)。友人達とお気に入りの映画、「ティファニーで朝食を」をヒントに洗練されたニューヨークでのブランチテーブルをイメージしたホームパーティを開きましょう。ティファニーブルーをドレスコードにしても素敵です。

ティファニーで朝食を

ホームパーティの切り札ワインはコレ

ニュールックフランチャコルタパス・オペレ2007

本物を知る‘スタイリッシュなイイ女’を印象づける、 イタリアの最新トレンド・ベラヴィスタの
ニュールックフランチャコルタパス・オペレ2007
(辛口・発泡ワイン)

イタリア・ロンバルディア州のフランチャコルタという産地で造られる発泡性ワインだけが「フランチャコルタ」と名乗ることができ、シャンパーニュ同様に産地名がつけられた、いわゆる高級品。
「日本では9月リリースされたばかり。まだソムリエさん達も知っている人が少ないかも・・・・」自慢げに言ってはいけません。オードリーヘップバーンのようなキュートな「どや顔」で披露しましょう♪
招く側も、招かれる場合も、これさえあれば「さすが、流行に敏感なおしゃれな人!」と一目おかれます。なんてったって、こちらイタリア本国でも‘斬新かつ最新の技術’で造られたニュールック。フランチャコルタのリーダーブランド、ベラヴィスタが、「もっと若い世代にも飲んでほしい」と伝統的な品質を守りつつ、グラフィック技術でヴィヴィットにパッケージを一新した‘New Air On Wine’シリーズ。この地区はミラノから列車で1時間。ミラノのセンスと資本が流れてきている為、ボトルもラベルもただでさえ他の地区よりもスタイリッシュ。さすが老舗のベラヴィスタ、さらに1歩先へと進みました。シャンパン好きな人からも一目置かれ、「本物を知るスタイリッシュなイイ女」へ印象アップ!(持参する場合はよく冷やしてから。またはパーティの間冷やしてもらえるなら、パーティの最後に飲みたいところ)

エレガントモダンなテーブルコーディネートのコツ

洗練されたニューヨークのラグジュアリーなジュエリーブランド ティファニー。ブランチという昼間の時間帯のパーティはあまりかしこまらずに。紙ナプキンでもOK。直線は‘モダン’、曲線は‘エレガント’な印象に。これをほどよくミックス。丸いお皿とな流線形に折ったナプキンでまるみのある優雅なラインを演出します。さりげなくストライプリボンで直線を入れ、洗練されたニューヨークを表現します。

エレガントモダンなテーブルコーディネートのコツ 色・キーワード・フラワー
ワンランクアップのコツ
ブランチ料理に合うワイン

エッグベネディクト

アルザス地方の名物キッシュロレーヌのように卵と相性の良い数少ないワインはアルザスのリースリング。この造り手は自然派栽培で甘味と辛口度合いが自然で懐が広くとろける卵黄とオランデーズソースのコクと酸味とうまく調和します。爽やかさと心地よい自然な果実の甘味がブランチにピッタリ!

フレンチトースト

パス・オペレとは「何も手を加えない」の意。
糖度調整をせず、ブドウのありのままの味わいが長い瓶内熟成によってふくよかに。
蜂蜜やカモミールの香りとシルキーな泡立ちがフレンチトーストとふんわりマッチ。上品な辛口ワインでブランチをリッチに盛り上げます。

シーザーズサラダ

レモンクリームや黄色い小花の香り。舌を包み込む、ややトロミ具合がサラダのチーズソースとピッタリ。ビワのような丸い酸が、具だくさんのサラダを爽やかに飽きさせません。魚介サラダにも合うスッキリとした辛口白。

文 Yumiko Matsumura
味わいマップ

Wine Joker

ページの先頭へ