• トップ >
  • ホームパーティー – ゴシックハロウィンパーティー -

ホームパーティの切り札ゴシックハロウィンパーティー

ホームパーティーの切り札

ホームパーティにはテーマを

‘カッコ可愛い ゴシックハロウィンパーティ’

季節や、目的、場所、集まる人などにあわせて、パーティに1つテーマをつけましょう。気軽に一体感が生まれ印象が深まり、差し入れのヒントにもなります。 今回は10月。秋の味覚が豊富な季節のランチタイム。親しい友達カップルと男女4人でハロウィンパーティ。男性が照れずにすむ、カッコよさと、女性が喜ぶ可愛さをミックスさせた、ゴシックスタイル。エルメスのフラワーボックスでワンランクアップのカッコ可愛いテーブルコーディネートで差をつけましょう。

カッコ可愛い
ゴシックハロウィンパーティ

ホームパーティの切り札ワインはコレ

まさにエルメスオレンジ色のラベル。

まさにエルメスオレンジ色のラベル。
モダントスカーナの代表選手‘ブランカイア’。
スッキリ小顔を、さりげなくラッピングすれば、
都会的な差し入れに。

ブランカイア・トレ2011(IGTトスカーナ 赤)
Brancaia TRE

イタリア・トスカーナ州のキャンティNo.1の造り手が造るミディアムボディ、サンジョヴェーゼ80%、メルロ&カベルネソーヴィニヨン20%。 スイス人夫妻によって1981年にトスカーナ州ラッダ イン キャンテイ地区に設立されたワイナリー、ブランカイア。 2001年リリースのキャンティ・クラシコ「イル・ブルー」がアメリカのワイン評価誌ワインスペクテイターで見事1位をとり、その後も快挙を続け、スーパートスカーナの一員として 人気に火がついたスターワイナリー。これは1ランク下の入門編。
ブランカイア社の3つの畑のブドウ、3種類の品種、ここにとっての3番目のワインということで「3」を意味するTREトレと名付けられました。(そのまんま?!)
そのラベルも文字だけというモダンですっきりした小顔。しかも見事なカボチャ色。都会的なセンスをアピールできる1本!
ちょっとコゲたトースト、ウスターソース、カシスジャム、の香り。段々と、ドライトマト、土つきキノコなどが混じり複雑な香りへと変化。スムーズな口当たりで始まりじわじわとたくましさが現れます。余韻は短くやや軽め。「一見こわもてなのに本当は気がきく腰の低い人」みたいな印象です。ブランカイアシリーズの入門編として気軽に楽しめます。

ゴシックスタイルなテーブルコーディネートのコツ

ゴシック建築といえばヨーロッパの大聖堂。直線と細やかな装飾の融合。幾何学を思わせる細かい柄が特徴。ゴシック的とみなされているものに、神秘的、闇、廃墟がありハロウィンのモチーフにもあるコウモリとも一致しています。男性もいるテーブルは、全体を黒を基調にカッコよく、差し色にエルメスカラーのオレンジ色を。お皿にミニカボチャを添えるだけで簡単にハロウィンテーブルに。ダマスク柄のカーテンでゴシックデザインを表現します。シンプルにならないよう、柄ものをカーテンやリボンにとり入れ、程よくデコレーションするのがポイントです。

カラー、キーワード、フラワー画像
ワンランクアップのコツ
ブランチ料理に合うワイン

パンプキンミートパイ

グローブ、ナツメグ、シナモンや、八角など複雑なスパイスの香りが熟成とともにしっとりと練りこまれたようなエキゾチックな香り。多くの黒系果実が合わさった緻密な味わいで厳格さをもつハードボイルド。 ミートパイに使うスパイスとも相性ぴったり

かぼちゃのクリーミーラビオリ

凝縮した果実はまるで赤リンゴを煮詰めたよう。甘苦さが大人びていてパンチがあるのに疲れない、ミディアムボディのリッチフルーティ。ピンクペッパーやシナモンの香り。しっとり優しい舌触りは、ねっとりクリーミーなカボチャのソースと相乗効果でより深まります。

カボチャのプリン

ピーナッツクリーム、ラムレーズン、白いチョコ、白胡椒など複雑な香りがパッと広がりブランデーを思わせる琥珀色。ナッツの味わいと焼いたくるみの皮のような渋みが甘さをべたつかせない、大人な中甘口。焼き風味と長い余韻は、カラメルと絶妙に絡み合います。

文 Yumiko Matsumura
味わいマップ

Wine Joker

ページの先頭へ