• トップ >
  • お下見ジョーカーズ – 気になるあの子と初デート -

お下見ジョーカーズ

接待、デート、女子飲み、打ち上げ・・・ ビジネスマン・ウーマンは、夜も忙しいのです。やりたい事も色々・・・だから食事代には限りがあります。気になるお店をネットでチェック。美味しそう、でもワインは?
お気に入りの銘柄がそのお店にあるとは限りません。それならずばり、予算内で何をどうオーダーしたら良いのか、ワインジョーカーが読者代表と場面ごとにシュミレーションをしてきましたゾ。
このままオーダーすればうまくいく!さあ、一緒に行った気分でお下見しましょう。

【今月のお下見レストラン】

La cave de Noa ラ カーヴ ド ノア(西麻布・フレンチワインレストラン&バー) ブルゴーニュとシャンパンを中心にしたワインが揃う
大人の癒しと夜のエネルギーチャージにぴったりのフレンチワインレストランバー。
お店の情報はこちら

今月のお下見ジョーカーズ (読者代表お下見メンバー)

読者代表お下見メンバー

気になるあの子と初デート

ワインシュミレーション予算

オシャレな業界でブランドプロデューサーとして社交の機会が多い大森さん。仕事同様デートもスマートにキメたい。と言っても初めての二人での食事はお互いに相手を知る初めの一歩。かしこまらずに、でも美味しくて雰囲気の良いお店で、スマートにワインと会話を楽しみたい。そんな初デートのお下見に行ってきました。

今宵のお下見レストラン、西麻布「ラ・カーヴ・ド・ノア」へ…

島本オーナーソムリエ「いらっしゃいませ。ワインリストはないのですが、価格帯ごとにA,B,C,D,Eとリストに書いてますので、例えばB位のシャンパンを、とかこの位でこんな味、とお好みを教えて頂ければ、お勧めをお持ちします。」
大森「それはまじめに有難い。知識がないけど、お任せにして高い場合に断りにくい。美味しいワインが飲みたいですからね。今度女性と初めての食事に来ようと思っています。」

対談

頼んだシャンパンの反応で、ブランド嗜好の女性かが分かる

料理・ワイン画像
長いグラスは女性が華奢に美しく見える

島本「ブランド嗜好の人は、モエ・エ・シャンドンかヴーヴクリコが喜ばれます。中身重視な人なら、知らないブランドでも「知りたい、飲んでみたい」と反応するでしょう。シャンパンは性格をこっそりさぐれますよ」
大森「へえ、面白い。では中身重視なシャンパンをください」
島本「アンリ・ジローがお勧めです。誰もが知っている訳ではないですが、品質が高く世界的に評価が上がっています」
大森「それを見てがっかりしたらブランド好き、好奇心旺盛だったら、中身を見る人ってことですね。飲み始めはすっきりしてるけどビスケットのようなふくらみを感じる。」
島本「それに合わせて鮮やかな色彩の‘生ハムをまとわせた11種 類の野菜のテリーヌが人気です」
大森「女性は綺麗なものを画像として残したがりますよね。あ、自分とのデートがずっと残っているってことだな。わ、優しい味わい!野菜がそれぞれしっかりした味なのに優しくまとまっている。絶妙な歯ごたえがあるのに周りのハムはとろけていく。男も満足するいい塩梅。食べる人の美的センスが垣間見られるかも?僕はクリエイティブな仕事をしてるので、美的センスは気になります。」

レストランでの初デートは男性が女性を査定する場所!?

料理画像2
あ、こぼしちゃった!

大森「コンソメスープは栄養価が高いとテレビで見ました。キャロットは・・・ あ、こぼしちゃった!」

編集部:そんなドジな姿に 彼女がどう反応するか?クスっと笑ってお茶目と思うか、マナーがなってないわ、と思うのか?男が値踏みされているようで、ワインが面倒になったり、堅苦しいお店だと、ワインに詳しくないとカッコ悪いと思いがち。いやいや、ちょっと待って。初デートはお互いを知る場。女性だって見られています。これから長く大切にしたいと男が思うかどうか・・

メンチカツで仕掛ける二段階フェイク 味と見た目のギャップに反応は・・・

メンチカツ画像
メンチカツ!そのまんまに見えるが、実は・・・

島本「見た目は定食風なメンチカツですが、ミンチする時にフォアグラを練りこんであります。粒マスタードとハチミツ、トリュフペーストの甘ずっぱいソース。」
大森「え!本当にこれ洋食屋さんの定食に見えます。どれどれ、食べるとすんごいフォアグラだ、ウマイ!ソースも美味しい 重すぎないのに満足感。見た目と味のギャップがありすぎ(笑)」
島本「こんないたずらっぽい演出はどうでしょう?オーダーする時に内緒にして、’メンチカツです’とシラーっとお出しします。そこでの反応が定食風で不満そうか、面白い♪となるか。それから食べた時の感想も興味深いですね。」
大森「なんて妄想が広がるんだろう。遊び心があるメニューと演出があるって楽しいですね。この味と見た目のギャップに喜んでくれると嬉しいな。」

クラシックなフランス料理とエレガントなワインでフレンチらしい組合せ

料理・ワイン画像2
皮はパリパリ

島本「メインディッシュのもう一つのお勧めはワインにあわせてホロホロ鶏のロティです。 ワインはマルサネというブルゴーニュの安定した造り手の赤でエレガントな味。2009年は果実味豊かな年でした。」
大森「ホロホロ鶏はしっかり濃い目で好きな味。焼き方というか柔らかさがちょうどいい。適度に弾力があり、パサパサ感はまったくない。皮がパリパリして味が濃厚。男性はみんな好きな味ですよ。肉食女子も絶対好き。」
「ワインはやさしい香り。赤いフレッシュなフルーティ。重くも軽くもないほどよさ。普段はもっと重いのが好きだけど、ホロホロ鶏がしっかりした味なので、これ位のワインがちょうど いいんですね。メインを二種類食べてみて、どちらを彼女が選んでもきっと喜んでくれると思います。ワインとの組合せは食べて見て、発見する新たな味わいでした。島本さんがいれば心強い!」

きっとうまくいくぞ

食後酒を制する者はデートを制する 帰りたくないトロミスイート

ワイン画像3

大森「デザートを頼んだ場合、それに合うワインもありますか?」
島本「はい、ボルドーのソーテルヌといって、上質な甘口貴腐ワインがあります。女性は皆さんお好みですよ。」
大森「ではそれを頂きます。甘いけど思ったより甘すぎない。ハチミツよりもどこかすっきりして余韻がとても長い。トロミと黄金の輝きが気分を盛り上げますね。よし、この余韻のまま2軒目へ・・・・と。 (ガッツポーズ)」

大きいボルドーグラスで

大満足のシュミレーションでした

島本さんは男ゴゴロも女ゴゴロも分かる強い味方
レシート画像
次回予告

今月のお下見レストラン

カラーヴ ド ノア

東京都港区西麻布2-16-4第二吉山ビルB1 03-6450-5853

http://www.lacavedenoa.com/

営業時間 18:30―3:30(L.O.) 定休日 日曜・第二月曜

島本永秀氏

オーナーソムリエ

島本永秀氏

「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」「ピエール・ガニェール・ア・東京」「ザ・ジョージアンクラブ」を経て独立。もっとざっくばらんにワインと料理を楽しんでもらえる享楽的な場所、がコンセプト

柴田真利氏

シェフ

柴田真利氏

名古屋の洋食店で料理人としてスタート後フランス(アルザス)で修行。「オレキス」「ザ・ジョージアンクラブ」などで活躍軽やかな野菜料理とトラディショナルな肉料理でワインの味わいを深めてくれる。

Wine Joker

ページの先頭へ